けんだまの日記

けんだまの日常を書いていくブログ。けんだまの気分で更新されます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受験生へ

久々に真面目な記事を書きます。
このブログにも何回か書きましたが、僕はとある個別指導塾で講師をしています。
そして中学・高校・大学受験する生徒も何人かいます。
今日は特に大学受験する人へお話をします。





この時期スランプに陥ってしまう人が多いのではないかと思います。
その理由としては、受験が迫ってきているから、
模試の成績が上がらないからなどがあると思います。
11月になり受験まであと3ヶ月だと思います。

さて3ヶ月と聞いてみなさんはどう感じるでしょうか。
僕は授業でこの質問を受験生にしますが、
ほとんどの受験生が「時間がない。短い。」と答えます。
さて、どうでしょうか。
確かに残り3ヶ月というと少ないのかもしれません。
では、年度始めを4月とすると、今現在7ヶ月経っています。

そうすると3ヶ月って受験の1/3なんですよ?

そう考えるとまだまだできることはいっぱいあります。





そして結果が出ず落ち込んでいる人もいると思います。

実は一番伸びるのはこれからです。

後は模試の判定は当日の合格率ではありません。
判定とか気にしないでください。
ホントに最後の最後まで伸びます。
自分の力を信じて頑張ってみてください!










そして最後に僕がよく生徒にする「目標」の話をします。
これはオリジナルの話なんで、あんまり信じすぎないでww
でも分かりやすい話だと思います。


勉強しているAくんとBくんがいます。
AくんとBくんは今の時点では全く同じ学力です。
2人はそれぞれ次のテストの目標を立てました。
Aくんは70点、Bくんは90点取ることを目標にしました。
2人とも目標目指して頑張って勉強しました。

そして試験の結果が返ってきました。
Aくんは72点、Bくんは80点でした。


さてここで質問です。どっちが良かったのでしょうか?


結構考えると思います。この話をした生徒も結構悩んでいました。
Aくんは目標を達成できていて、Bくんは目標を達成できていません。
なのでAくんが良かった。ホントにそうなのでしょうか?
もう1度考えてみましょう。勉強をする前は2人とも同じ学力だったのです。

これは2人の目標の立て方にあるのです。
結果的にはどうでしょう?Bさんの方がいいですよね?
Bさんの方が目標を高く立てた。
それにより伸び方が変わって来たのです。


目標は高く――


下げることは簡単です。
だから立てる目標は高くするのがいいと思います。
僕も何事にも目標は常に高くしています。








さて、話がまとまりそうでまとまってないのですが、
僕が1番言いたかったことは

まだ3ヶ月もある。まだまだできる。

ってことです。
勉強も楽しんでくださいね?
苦しいばかりじゃやっていけません。
楽しみを見つけて勉強する。それがベストだと思います。




このブログのページ右にあるCATEGORYの「大学受験」も読んでみてください。
去年書いた大学受験の僕がした勉強方法が書いてあります。
参考にしてくださいな(`・ω・´)









If you can dream it, you can do it. 
                     --Walt Disney (1901-66)

スポンサーサイト

オススメ参考書と勉強法(数学編)

さてさて今回は数学編ですね。

僕は理系で数学は得意でした。
まぁ理系で数学が苦手な人はあんまりいないと思うんですけど、
やはり、得意な意識があるだけでは入試には勝てませんね。

そして苦手な方。
まず暗記科目は得意だけど、数学みたいに
そのたびに考えなければできないものは苦手
という方。
実はここで驚くべきことを言っちゃいましょう。







数学は暗記科目です。




実はいつだったか昔の記事にも書いたことがあるんですが、
僕は数学を暗記科目だと思ってます。

「どこが暗記科目なんだよ!?公式を丸覚えってのは一番ダメなパターンじゃないんですか!?」
と思うかもしれません。
確かに公式をただ頭の中に詰め込んだとしても、
その公式を問題にどう使っていいのか分からなければ意味がありません。

違うんです。暗記するのは公式丸々ではなくて、公式の意味暗記するのです。


~公式の意味を分かって初めて使える~


まぁこれは基本かもしれません。
しかし、数学を苦手にされてる方は出来てない人が多いと思います。
意味も分からず頑張って暗記しようとしている方は、
残念ながら公式を習得できない、もしくはすぐに忘れてしまうでしょう。


俺のオススメの勉強法としては、その公式を何回も書いて覚えるのではなく、
その公式を使った練習問題をひたすら解くことです。

そして問題を解く時に大切なことがあります。
ただひたすらロボットのように問題を解くのでは全く意味がありません。


~問題の意味を理解しながら解くこと~


これが数学の得意な方と苦手な方で一番差がひらくところではないでしょうか。
問題の意味を理解しながら解くというのは、
何故こうなるのか、何故ここでこの公式を使うのかなどを考えながら解くということです。

みなさんこんな風に考えながら解いてますか?
これをするしないで問題の理解度、公式の執着度が全然違います。
心がけてやってみてください。




しかし、問題の意味を理解するというのは難しいものです。
問題集の答えを見ても、何故こうなるのか理解できない(問題の意味が理解できない)
ということがよくあると思います。
そこでひとつオススメ参考書を紹介したいと思います。
それはマセマ出版社のマセマシリーズというものです(後にURLで紹介

数学の参考書というと、チャート式とかが有名ですね(ゴメン他あんまり知らない・・・
しかしチャート式は俺も買ったんですけど、なんと1ページもやりませんでした!
1800円フォーヾ(・∀・)ノ (カエレ

つまりあれはやる気にならない。全部やってこそマスターする気がする。
っていう感じがしますよね・・・。
一番レベルが低い白チャートであっても、
やる気がなければ全く進まない、全く成長しないって感じですよ。
苦手な方は大変でしょうね。。。

しかし!このマセマシリーズは何がすごいかと言うと!!!!
読む数学の参考書なんです。

数学の参考書なのに読むんですか!?と思うでしょう。
ではその参考書の取り組み方を説明しましょう!
(マセマの中でもレベルが分かれているので多少違うかもしれません


1.まず問題を見る。
2.そしてある程度どんな問題なのかを頭に入れておく。
3.そしてその問題の解説をじっくり読む。
4.問題を解く。

3ですね。
実は先に解説を見ちゃうんです!
しかもその解説がもの凄く丁寧で分かりやすい!
こんなに丁寧な解説がついてる参考書なんて絶対ありません!
自身を持って言えます。

俺の場合は塾へ行く途中の電車の中で解説を先に読んで
塾の自習室に着いたらその問題を解くって感じでやってました。
3,4回読んでから問題に取り組んだこともあります。
その時も重要なのが問題の意味を理解しながらってことですね。
ここで違うのが、解説が丁寧なため理解しやすいのです。
是非是非書店でみつけたら見てみてください。



スバラシク面白いと評判の初めから始める数学I・A(Part1)
スバラシク面白いと評判の初めから始める数学I・A (Part2)
スバラシク面白いと評判の初めから始める数学II・B (Part1)
スバラシク面白いと評判の初めから始める数学II・B (Part2)
スバラシク面白いと評判の初めから始める数学Ⅲ・C (Part1)(アマゾンになかった・・・
スバラシク面白いと評判の初めから始める数学Ⅲ・C (Part2)(同じく・・・

スバラシク強くなると評判の元気が出る数学I・A 新課程 元気が出る数学シリーズ
スバラシク強くなると評判の元気が出る数学II―新課程 元気が出る数学シリーズ
スバラシク強くなると評判の元気が出る数学B―新課程 元気が出る数学シリーズ
スバラシク強くなると評判の元気が出る数学III・C―新課程 元気が出る数学シリーズ

スバラシク得点できると評判の馬場・高杉のセンター試験数学I・A―新課程
スバラシク得点できると評判の馬場・高杉のセンター試験数学II・B―新課程

スバラシクよくわかると評判の馬場敬之の合格!数学I・A―新課程 合格数学シリーズ
スバラシクよくわかると評判の馬場・高杉の合格!数学II・B―新課程 合格数学シリーズ
スバラシクよくわかると評判の馬場・高杉の合格!数学III・C―新課程 合格数学シリーズ

スバラシクよく解けると評判の合格!数学1・Aプラス110問題―新課程
合格プラス110問題集シリーズ
(名前は新課程になってませんがおそらく新課程です
スバラシクよく解けると評判の合格!数学II・Bプラス110問題集―新課程
合格プラス110問題集シリーズ

スバラシクよく解けると評判の合格!数学III・Cプラス110問題集―新課程
合格プラス110問題集シリーズ


解説がスバラシク親切な頻出レベル理系数学I・A,II・B,III・C
解説がスバラシク親切な頻出レベル文系・理系数学I・A,II・B

解説がスバラシク親切なハイレベル理系数学I・A,II・B,III・C
解説がスバラシク親切なハイレベル文系・理系数学I・A,II・B


えーでは説明していきます(多い・・・

◆「初めから始める数学」シリーズ◆
偏差値40前後からでもスタートできる、講義形式の超超基礎数学の決定版です。
これで、楽しみながら受験基礎力を養えます。(引用文・・・

偏差値40って書いてあるんですけど、
これは高校数学をやる方すべてに読んでもらいたいです!
俺もこの前書店で発見してパラパラ見てたらすごく買いたくなっちゃいました(笑)
すごーく意味が理解しやすく、感動させられるほどです。


◆「元気が出る!数学」シリーズ◆
最重要ポイントを体系的に、しかも楽しく解説しているので非情に分かりやすく、
即得点できる内容になっています。すばらしく強くなると評判の参考書です。(引用文・・・

ごめんなさい、これは内容をしっかりと見たことがないのです。
おそらく上に書いてある通りかと(アタリマエ


◆「センター試験数学」シリーズ◆
過去問題を分析して、”これだけ押さえれば十分”な内容を楽しく解説。
これでセンターは高得点が狙えます。

俺はセンター試験は過去問を解きまくっていたため、これは買いませんでした。
ただマセマなんだから信頼度抜群!!!だと思いますよ!?


◆「合格!数学」シリーズ◆
大学入試に向けて飛躍的実力アップを狙っている人を対象にした、
わかりやすくて凄いと評判の参考書です。

これはそこそこレベルが高め。
MARCH(明治・青山・立教・中央・法政)レベルくらいだと思います。
マスターすればもちろんもっと上の大学も狙える感じではないでしょうか?


◆「合格!数学プラス110問題集」シリーズ◆
「合格!数学」でアップした実力をさらに磨きをかける問題集です。
両門のみを集めて、親切に解説した、問題集の最高傑作です。

これは問題がたくさんあり、自分で解いていく形のものだと思います。
俺もつい最近ほしくて買ってしまいました(笑)


◆「ハイレベル・頻出レベル数学」シリーズ◆
受験数学の頻出分野をテーマ毎に分類して、本格的な融合問題を
スバラシク親切に解説した、凄すぎると評判の演習書です。

頻出レベルはお世話になりました。内容的にはもの凄く難しいです。
しかし解説が詳しいため、先にそれを読み理解することで、解けるんですよ!
しばらく後に解きなおしなどすると、難しく思えた問題が解けてしまう。。。
これは問題の意味を確実に理解してるということを表しているんですね。

頻出レベルは早稲田、慶応、横浜国立大、東北大、阪大レベル。
ハイレベルは東大、京大、東工大、一橋大レベルです。。。





いかがでしょうか?(汗)
後半はマセマ参考書ばっかりでしたけどね・・・。


最後に解説を先に見てから問題を解くというのはマセマだけのことではありません。
数学の問題を解く時に、全く解法が思い浮かばず、
手が止まってしまうことは良くあると思います。
そこで俺がオススメする勉強法の紹介です。


~答えを見ながら問題集を解く~


何か全く意味がないように思えますね。。。
しかし、これはメチャメチャオススメの勉強法です。
先ほども言ったように、解けないということは問題の意味つかんでないということです。

そこで答えを見ながら解くのです。
ただ書き写してるだけじゃ全く意味がありませんよ(汗)


~解法の流れをつかみとりながら解いていく~


超重要です。
このやり方だと、手が止まることなく時間を無駄にしないですね。
それでいて理解度も大きいと思います。
もちろん解けるに越したことはありません。
ただこういう勉強法もあるということを紹介しただけですわ(・∀・)ゞ






ほぃほぃほぃ、大体俺の数学の勉強法のことは言えたかな?
まぁ前も言ったけどあまり本気にしないでね(笑)
また大学受験のことは書くつもりなのでよろしくー。



カテゴリー(ページ右)に「大学受験」を新しく増やしました。
まとめて読みたい方はこちらにどうぞー。

オススメ参考書と勉強法(英語編)

えっと僕はただいま理工学部の電気工らへんです(汗)
なのでアドバイスできるのが理系英語、数学ⅠAⅡBⅢC、物理だけです!
そして物理は今回無しの方向で(ぇ


まぁ簡単に物理の方を言っちゃうと学校の問題集の「新編アクセス 物理ⅠA・Ⅱ」
(イメージないけどタブンこれ)と某河合塾のテキストをひたすら解いてました。
この問題集は解説がイマイチだったので、自分で書き込みまくったり
マーカーを引きまくったりしてました。
解答がビリビリにやぶれたのでテープで補強したのも、何かやった感があってよさ気でした。


物理は一つの問題集をひたすらやることをオススメします。


もちろん難度は選んでくださいね。
いろいろ調べたりして買うべし(´・ω・`)b






さて次は英語。
理系英語とか書いてますが、ただ文系英語より理系英語の方が試験が簡単なだけです。
ここで理系の人たちへの勝利のキーポイント


~英語を制する者は受験を制す~       byけんだま


理系だから数学、物理は大体の人ができるんよー。
そこで英語ですよ!
ちなみに俺の高3の4月の時の英語の偏差値は47でした。
理系の方々。英語が苦手だぁぁぁぁって人、少なくないと思います。

しかし、なんと英語はすぐに得点上がります。

俺は4月からほぼ毎日英語ばっかり勉強しました。
すると7月の模試で英語の偏差値が58まで上がりましたね。


英語が苦手な人は何がいけないのか!?
それは文法力だと思います。
文法力がなければ長文も読めません。
単語は?と思うかもしれませんが、俺は文法の方が大事だと思います。

ここで俺が使っていた英文法の参考書をひとつ。


基礎英文法問題精講(旺文社)です。
有名ですね。とはいえ中身はもの凄くいいです。
はっきり言って簡単ではありません。
ですが文法書で簡単なのを解いていても全く意味がありません。

俺もモチロン英語をゼロから始めたわけですから、新しいことばかりでした。
しかしこれをやりまくる!ことで驚くことに成績が伸びます。
俺もこのおかげで(実際塾の勉強の方もありますが)偏差値がググンと伸びました。
受験の最後までバックに入れてましたわ。
分からなくなったらこれでよく確認したものです。




~文法は受験期は常にやること~


さきほども言いましたように、文法力は長文の読解力にも繋がります。
英語を伸ばすためには文法にかかってるというわけです。

もう一つ俺が使っていた文法書を紹介します。


頻出英文法・語法問題1000(桐原書店)です。
はっきり言ってこれはかなり難度高めです。
しかもこれで英文法を勉強するには少し厳しいと思います。。。
英文法をほぼこれだけで勉強して早稲田に行った人はいますが・・・、
俺的にはオススメしません。

俺は基礎英文法問題精講を何回かやり終えたところで買いました。
すべて文法の4択の問題で、やりやすいと言えばやりやすい・・・。
ですが覚えにくいかもしれません(´・ω・`)




あともう一つ。
大学入試英語頻出問題総演習(桐原書店)というのがあります。
英頻とはこのことだと思います。
俺は使ってなかったんですけど、本屋で立ち読みした感じでは結構よさ気でした。
文法を覚えるには使えそうな感じ。よかったら見てみてくださいな。






さてさて続いては単語ですね。
これも有名な参考書がいっぱいあります。
これは自分で本屋で見て、選んでみるといいと思います。
一応並べて紹介。

英単語ターゲット1900(旺文社)

速読英単語1 必修編(Z会)

Duo 3.0(アイシーピー)


ごめんこれくらいしか知らない(汗)

ターゲットは有名ですよねー。
基本単語から難関校レベルの単語まで載ってます。
まぁ迷ってるならこれじゃないですか(´・ω・`)? ちょっと覚えにくいけど・・・


速読英単語、速単とはこれのことです。
まず初めに200wordくらいの中文を読み、文中に載ってる単語を後で覚える感じです。
中文の隣のページに日本語訳が載っていて、読みながら訳してみようー
って感じにも使えるんですよ!
俺は英語に慣れてきて、長文にも自信がついた夏明けに買いましたね。
読んですぐに訳すことができるか!?などやってました。


DUOは本屋でチラっとしか見たことがないんですけど、
おそらく1行か2行ほどの英文と日本語訳が載っていて、
その文中に入っている単語を覚えるって感じだと思います。
英文そのものを暗記してしまえば、もちろん単語も頭に入っちゃうという仕組みですかな。
かなり評判がよく、いい単語帳だと思います。



あぁ英単語センター1500(ナガセ)ってのがあるんですけど、
CDで英単語→日本語訳っていうのをリズミカルに聞いて頭に入るって言うのは
もの凄くいいんですが、単語が簡単すぎです。。。
俺は初めにこれを買って後悔しましたorz
センター試験もこれではあまり安心できませんよ。。。



ということで英単語はこんな感じです(´ー`*)




あとは英熟語ですかな・・・。
英熟語は文法問題、または長文でかなりキーとなります。
俺は英熟語集は通ってた塾で出してるものだったので、
市販はその近辺でしかされてません(涙)
ただそれがすごく良かったんですよ。

ここで英熟語を覚えるポイント


~同じ意味の熟語はまとめて覚えるべし~


基本ですかな?
例えばregard A as B,think of A as B,take A as B,look on A as B,count A as B,
treat A as B,see A as B,view A as B
っていうのは全部「AをBとみなす」っていう意味だ。みたいにね。
regard A as Bはセンターレベルですね。
(今はthink of A as Bとlook on A as Bもセンターレベルかもしれない)
難関校になればなるほど、違った形のも出題されることがあるかもしれないのです。
そこでまとめて覚えてしまうのです。

これが英熟語を覚えるポイントです。


ゴメンナサイ。参考書は頑張っていろいろ探してみてくださいな。





そして最後に長文ですね・・・。

ひとつ言っちゃいます。
こればっかりは短期間には伸びません!
日々長文を読み続けることが大切です。
やはり英語くらいはどこかの塾に通って、長文を出してもらうのがいいでしょう。。。
解説も付きますしね♪ 先生によるんだけどねぇ(汗)

ちなみにうちの英語の長文の授業の仕方は、すごいものでした。

なんと予習が長文全訳!

今考えるとすごいことだったと思います。
一文一文に番号を振り(①、②、③・・・みたいに)、一文一文訳していくのです。
上智の文系の長文のときは予習に5時間かかりましたね。(しかもわけ分からなかった
ちなみに俺は上智と言えど、理系なので英語はあまり難しくなかったですよ。

長文の読むスピードこそ上がりませんでしたけど、訳すというabilityは格段と上がりました。
長文の読むコツ、訳すコツを書くと果てしなくキリがないのですが、少々書きます。。。


~5文型ってもの凄く大切なんです~


SVOとかSVCとかのことです。
高校1年生以来全く考えてない人が多いのではないでしょうか?
俺は長文を読み、訳すときに、何よりも先に考えるのが5文型なんです!

第1文型SV SがVする
第2文型SVC S=C
第3文型SVO SがOをVする
第4文型SVO1O2 SがO1にO2をV(与える)する
第5文型SVOC O=C

って確かこんな感じだったと思います(汗)
文型が分かれば、ある程度の単語が分からなくてもある程度の意味が分かったりするんです。
俺はこればっかりやってましたね。。。
あとは訳す前に副詞節を<>でくくったり関係代名詞の節を()でくくって
かかっている部分に矢印を引いたりと。。。
説明しにくいのですが、こんな感じで読んでました。
なので模試などで出た長文のページは書き込みでグチャグチャでした(笑)

あとは慣れですので、バシバシ読んでみてください。




一応参考書をいくつか・・・。

基礎英文問題精講(旺文社)

基礎英語長文問題精講(旺文社)

英語長文問題精講(旺文社)


一応難易度順かと思います。
一番下のはかなり難しいです。。。
早慶レベルも十分に達してますね。

一番上のは短い文を訳していくんですけど、簡単ではないです。。。
すごく人気でやってる人も多いんですが、問題形式ではなく訳すことが中心なため
あまりやる気にならないのです(俺だけ?
長文の練習ーってのにはならないかもです、はい(´・ω・`)









以上!長かった!
これで全部書いたとは全然言えないんですが、これが俺からの英語のアドバイスです。
ただ昨日の記事にも書いたんですけど本気にしないでください。
全然違うことを言う先生や塾講師などはたくさんいます。
誰を信じるかはその人次第なんです。
ただこういうやり方もあるよ、ということを覚えておいてほしいってことでした。

ということでクレームは一切受け付けませんのでヨロシク。



長くなったので数学は別の記事にわけて書きます。

俺の受験生活

前から書きたいなぁ、と思ってたことがあります。
俺の受験生活のことです。
このブログは受験が終わってから始めたもので、受験生活のことは書いてないんですね。
まぁうまくキレイにまとめて書けるか分からないんですが、頑張って書いてみます。

そして、これは受験する人すべてに当てはまることではないので、本気にしないでください。







高校1,2年でほとんど勉強しなかった俺は、受験のことを真剣に考えたことがなかった。
高校は県内でトップ校だったので、中学では成績はトップの方。
しかしそれも近くの塾のおかげと言っても良いでしょう。
とはいえそこそこ努力した記憶があります、というか結構頑張りました(汗)

その高校で今では勉強できない組。
部活も2年の頭で辞め、その年はROばっかりやってました(汗)

塾は行ってました、某河合塾です。
ただ、予習復習全くせずで、行ってるだけでいいやぁ的な感じでした。


そろそろヤバイなぁと考え始めたのは高2の3月
ROはこの頃休止しました。
って言っても1回高2の12月に休止宣言をしてるんですが、すぐに復活_| ̄|○
完全に課金をやめたのはこの高2の3月です。


勉強を始めないとと考えたのは高3になる直前の春期講習です。
初めて予習というものをして授業に臨みましたね。
そして今までハイレベルとかいうレベルで何となく授業を受けていたのですが、
このときは「基礎完成コース」というのを取ってみました(英語・数学です
長文なんてまともに読んだことがなかったのですが、辞書で1個1個単語を調べて
初めて長文を読みきりましたね。



これが俺の受験生活の始まりです。








さてここで、3年の初めのころの俺の模試の成績を発表しましょう。
これはマーク模試の英数国理の結果です(正確な数字ではないのですが、記憶をたどって^^;

英語 97/200 くらい
国語 80/200 現代文35古典25漢文10くらい
数学ⅠA 70/100
数学ⅡB 50/100
物理 60/100

模試のレベルにもよると思うので偏差値で・・・。

英語 47
国語 45
数学ⅠA 60
数学ⅡB 58
物理 55

くらいだったと思います。
まぁ理系ということで、数学はできてます。。。
物理は何故できてるんだか知りませんが、まぁ平均越えくらい。







まずは高3の時に行っていた塾で取っていた授業を紹介します。
塾は2ヶ所行ってました。
「マジデ!?すげぇ」と思うかもしれませんが、数学と物理は某河合塾で、
英語だけは違う塾に行っていただけです。

火曜日 物理    19:10~21:40
水曜日 数学Ⅲ   17:10~18:40
木曜日 英語    17:00~18:40(タブン
金曜日 数学ⅠAⅡB 17:10~18:40
土曜日 英語    17:00~18:40(タブン

の週5でした。
激しく辛いですが、塾に行ってなくても毎日勉強するんですから、
これくらいがリズムが作れて調度良かったのではないかと思います。



さて、今まで全く勉強をしてこなかった俺は、まずは受験生活のリズム作りから始めました。
月曜は塾がないため、学校が終わると(15:30終了)18:30くらいまで
学校の自習室で勉強してました。
火曜は塾の自習室で3時間くらい予習or復習をしてから授業へ。
水曜、金曜は塾前、そして授業後自習室がしまるまで(20:30だっけ・・・)勉強してました。
木曜と土曜の英語を受けていた塾は、自習室があまり好きではなかったので、
授業が終わったら質問がない限り、すぐに家に帰ってました。

日曜は主に夏以降なんですが、朝9時~夜8時半くらいまで塾の自習室で勉強してました。



「何コレすごすぎじゃない?」と思った方もいるかもしれません。
俺が何か自慢してしまってるように思われてしまうかもしれませんが、
はっきし言って受験生としてこれくらいの勉強時間はフツーです

目指してるところが違うと、必要勉強時間や偏差値も変わってくると思いますが、
受験生としてこのくらい勉強してほしいです。


しかし俺の場合はこれで1日の勉強は終わりです。
よく受験生というと、夜中の2時、3時まで勉強というイメージがありますが、
俺は塾が終わると、家に帰って夜のドラマとかスマスマとかあいのりとか
毎回必ず見てましたね!
その点、俺は他の受験生よりも勉強時間が少ないと思います。

そして12時前には必ず寝てました。
朝は7時起きくらいですね。
これは俺の受験必勝法その1なんですが(テキトーにネーミング


~受験生活に夜型は×。昼集中型が◎~


ムフフ。
朝型ってのはよく聞くけど、昼集中型って聞いたことないですよね?




だって俺が作ったんだもん( ´_ゝ`)b

「昨日夜中の4時まで勉強したんだよぅ(ノ∀` )」
と自慢する人は受験生の中に必ずいます。
と、いうか自慢したくなりますよね?俺もすぐ自慢したくなります。

ただ俺から言わせてもらうと、ハッキシ言って自慢にも何にもなりません。
「学校の授業中に寝て、体力回復するんだよぅ」
確かにそれも手なのかもしれませんが、効率が悪すぎです
ここで受験必勝法その2&3


~睡眠時間を分けるのは××~

~学校の勉強を疎かにするのは×。有効に利用すること~


その2の方はその1とちょっと似ているのですが、
要は睡眠時間はまとめて取りましょうということです。
その3はこれも学校によると思うんですが、疎かにしないでください(´・ω・`)
俺は塾と学校と両方こなしていました。

「学校の勉強はやっても意味がない!」
それは否定しますが、せめて内職するくらいにしてください(´・ω・`)
一番いいのは上手く利用することなんですけどね。。。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ここでちょっとしたお話を。
高3の1月の末。センターも終わりいよいよ一般試験が近づいてる頃、学校で学年末テスト
というものがあったんですよ。
もちろん受験に関係ないテストなんで、
勉強する人は推薦で決まった人意外ではほとんどいません。

そこで俺は勉強ですよ!(´∀` )
みんなが全然勉強しない中、俺は勉強。
まわりの人が全然点数取れてない中、俺は高得点。

・・・ゴメンナサイ。
だからといって受験に役に立つとは言い切れませんので、トイレに流してください。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



最後に俺が受験生活で一番大切にしてきたこと。
受験必勝法その4ですね。


~受験生活を楽しむこと!~


これが一番重要かと思います。
俺はこの厳しいスケジュールがとても楽しかったです。
俺の3年のクラスもいいやつばっかりで、文化祭とかもとても盛り上がりました。

また勉強も楽しかったです。
もちろん遊びよりも楽しいとは言いません。
しかし勉強にも楽しい面がたくさんあるんです。
受験のためだけでなく、楽しい面を探すためにも勉強をしていってほしいと思います。






さて、こんな感じでしょうか?
あとは科目ごとの勉強法などですが、それは別の記事に書きたいと思います。

では、さらば(。・ω・)ノ゙

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。